通訳案内士試験道場

通訳案内士試験道場は、通訳案内士試験に合格することを目標に、日本について広く深い知識をもち、さらに中国語・韓国語で日本を紹介できる人材を育成するために創られました。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

全国通訳案内士試験に合格するためには、適確な勉強が必要といわれています。しかし、実際にどれくらい適確な勉強をしたらいいのか、迷う人は少なくありません。専門的な予備校に通って一次試験・二次試験の対策ができるようになればいいと思っている人は多いでしょう。東京都荒川区にある通訳案内士試験道場であれば、一般的な日本地理・日本史・一般常識・通訳案内の実務といった一次試験の筆記問題対策だけではなく、英語二次・中国語・韓国語などを適切に学べるように指導しています。アジアからの観光客は年々増加の一途をたどっており、今後も増えるといえるでしょう。そのため、国際的なイベントが開催されたあとでも定期的に観光客が定着するよう、楽しんでもらえるようなガイドが必要です。通訳案内士の資格を持っている人がいれば、海外からの観光客が、ただ一人での観光だけではなくショッピングやさまざまなイベントをも楽しめるようになるでしょう。家族旅行で日本に来た人の中には、全く日本語を話せず、中国語だけで会話をする人も多いといわれています。通訳案内士試験道場では、彼らが楽しんで帰国できるように配慮できる通訳案内士としての試験対策や、海外観光客が喜んでくれるようなサポートを行えるような人材を育成しているのが特徴です。特に今後中国語・韓国語のガイドを必要とする可能性は高まっています。系統だった試験対策を行うだけではなく、本来試験を受けるための心意気や、引っかかりそうな試験問題に対しての配慮も行われているのが特徴です。特に大きなポイントとして、都内にいなくても通信教育によってカリキュラムを受けられることでしょう。自宅にいながらにして授業を受けられるため、利便性が高いといわれています。わからないことがあったらメールなどで質問すればいいため、直接聞けなくてもわからない問題を解消できるでしょう。初心者でもわかりやすいカリキュラムとなっているため、試験対策の参考にしてください。
Tagged on: , 通訳案内士試験道場(中国語・韓国語地理・歴史・一般常識)