ダビングコピー革命

このページでは、VHS、8mm(Hi8)、miniDV、ベータなど、各種のビデオテープを自分で簡単にデジタル化できる厳選された9つの方法をご紹介します。市場には多種多様なデジタル化製品が出ていますが、ここではその中から特に代表的で信頼できる製品をピックアップしています。また、ダビング業社についても情報を提供しています。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

時間がないと自分で行うことが難しいのが、VHSをデジタル化することです。その後のDVDにダビングしたりデータ化したりする作業も含めると、びっくりするくらいの時間が失われるでしょう。それが勿体ないと思う方におすすめできるのがダビングコピー革命です。ダビングをしてくれる業者で、VHSはもちろんのこと、ベータやmicroMVなど少し変わった媒体のものにも対応しています。もしも、いろいろな種類の媒体を持っているなら、すべてダビングコピー革命に渡して、DVDやデータ化してもらうのがよいでしょう。料金設定はハッキリとしていて、VHSをDVDにするなら一本当たり549円になっています。またオプションの料金もハッキリとしているため、オンラインで金額を調べれば、自身が望むDVDを総額いくらで作ってもらえるかすぐに分かるでしょう。なお、ダビングコピー革命は住んでいるエリアは関係なく仕事をお願いできるサービスです。なぜならば、郵送受け付けを導入しているからです。郵送でやっている業者は多いと思う方もいるでしょうが、こちらはそれらよりもより強力なサービスとなっています。オンラインなどを使って申し込むという手間が必要ないのです。時計を査定してもらうときや本を買取ってもらうとき、郵送受け付けを利用するなら、ほとんどのところがオンラインなどでの申し込みが必要不可欠になっています。ところがダビングコピー革命では、VHSをいきなり送ったとしても対応してもらえます。追跡ができる配送会社を使えば、間違わずに到着したことも分かるので安心です。ちなみに、ダビングコピー革命は法人の仕事も行ってくれています。法人ならば家庭とは比べものにならないくらいたくさんのVHSを所有しているケースもあるでしょう。こちらではそのような状態でもまったく問題なく、大口取引の場合は割引になる可能性もあるので、VHSをDVDやデータ化したいならダビングコピー革命に任せましょう。
Tagged on: , VHSビデオテープをデータ化するには?自分でDVD等に変換する方法