古本マージナル


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

武蔵野市にある古書店に注目が集まっています。浩仁堂書店という古書店で、精神障害者就労支援施設の協力のもとに運営されている古書店になります。精神を病みを抱えている方が古書集めに協力をしてくれています。また精神に病みを抱えている方にとっても、仕事を通じて社会とのつながりを持つことができますし、仕事を行うことによって自信を取り戻して社会復帰できる可能性をつかむことができます。浩仁堂書店では、お客様が売却に持ち込んでくださった書籍を入念に査定し、高く買い取りを行ってくれます。書籍の査定に関してはレベルが高く、その書籍が持つ価値をしっかりと確認して、その上で金額を出してくれます。そのスキルの向上には、書店として大変力を入れているところです。浩仁堂書店の公式サイトには、書店へのアクセスのみならず、書店の特徴、また店主の方のブログなどがアップされています。精神に病みを抱えている者との交流や、書店としての活動報告、その他のつぶやきなど多種多様な書き込みがありますので、読み物として大変魅力的なサイトになっております。また浩仁堂では学術書の買取に力を入れています。学術書は目利きが難しく、扱っている古書店は少ないのですが、浩仁堂では積極的にその買取を行っています。そのため、東京の方だけではなく、他の地方にお住いの方でもわざわざ訪れて買取を行われるという方も少なくありません。また浩仁堂の活動や扱っている書籍に関して気になることや疑問をお持ちの方は、お気軽にお問い合わせをされることをお勧めいたします。丁寧に内容を教えてくれます。また、浩仁堂は訪れた方に安らぎと喜びを与えてくれる書店としても定評があります。一度訪れると、そのお店のファンになって通い続けるという方も少なくありません。書籍という商品を通じて、人と人との絆を生むことができる場ですので、大変魅力的な場所になっております。ぜひ訪れてみましょう。
Tagged on: , 古本マージナル