明大前アートクリニック

明大前アートクリニックは杉並区の京王線明大前駅より徒歩5分にある不妊治療専門クリニックです。タイミング法や人工授精などの一般不妊の方から体外受精・顕微授精まで行っています。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

杉並区の不妊治療専門クリニックでは、不妊に悩むカップルが毎日数多く訪れています。杉並区の特定不妊治療助成事業指定の医療機関になっているので、国から委託されて専門的な不妊治療を実施しています。はじめての方でも利用しやすいよう、居心地の良い環境づくりやサービスに力を入れているクリニックです。初診には必ずカウンセラーまたは臨床心理士のカウンセリングを受け、不妊の悩みを相談することができます。カウンセリングはじっくりと時間をとって行うので、不妊がもたらす心の悩みを吐き出すことができるようになっています。仕事をしている人も気軽に利用することができるよう、月曜、水曜、そして金曜は夜の診療も実施しているので、仕事帰りに予約を入れて治療やカウンセリングを受けられるように環境を整えているクリニックです。仕事をしながら不妊治療に取り組むカップルも多いので、夜の診療は利用者が多いのが特徴です。また、土曜日は午後の部の診療も受け付けているので、仕事をしている人でも都合をつけて診察を受けることができます。不妊治療専門のクリニックということもあり、全国的にはまだ数が少ない男性の不妊治療も積極的に実施しています。男性の不妊治療が受けられるクリニックというのはまだまだ限られているので、不妊に悩む多くの男性が治療を受けているのです。クリニックの院長は、杉並区で25年にわたって不妊治療に携わってきた、いわば不妊治療のプロです。その経験を生かして治療に当たるため、長年の経験から治療方法を思い切って変えてみたり、しっかりとした倫理観に基づいた高度な不妊治療を受けることができると評判の高いクリニックです。女性不妊の場合、卵管閉塞などの症状が疑わしい時には、内視鏡検査を実施します。その際にも、女性の体の安全性を第一に考えて検査を行うため、安全性が高く、確実に原因を突き止めることができる内視鏡技術を有しているのであります。
Tagged on: , 【公式】杉並区の特定不妊治療助成事業指定医療機関、明大前アートクリニック | 男性不妊も行っています。